Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

今年のベスト3

すべては私のThinkpadの調子がむちゃくちゃ悪く起動する気もいまいち起きないからだが、いつのまにやら年末に!
3つほど書くネタがあるのだが、すべてすっとばして今年のベスト3を発表しよう。

第3位 歌舞伎座で見た夕顔棚の伴奏

https://www.instagram.com/p/_8yLV1lYTd/
歌舞伎座だけど半年前
六月大歌舞伎 | 歌舞伎座 | 歌舞伎美人(かぶきびと)
今年3回くらい歌舞伎を観にいったのである。本題は前半の新薄雪物語のほうで、これも何か書こうと思ったんだけど、うーん忘れた。
でもこの舞踊の劇伴はとても良かったのは記憶している。話は歌舞伎らしくあってないようなもので、コメディ色が強いのだが、こういった伝統芸能の音楽が良いと思えるようになるくらいは、年を取ったといえよう。

第2位 由布島に行く途中の水牛車のおじいの歌

https://www.instagram.com/p/_8yXq1FYTz/
由布島
由布島という沖縄の離島に行く際には、西表島から、水牛の牛車で、えっちらおっちら時間をかけていくのである。大体15分かけて浅瀬を渡り島に着くのだが、人によっては、この牛車の中で三線を弾きながら歌うわけである。これがまた外を見ながら聴いているととてもよいのであるが、インターネットでは全然伝わらない感覚である。多分歌だけ聴いても全然良くないだろう。第一下手だし。
でも外の広大な青空にはとてもマッチしていて良い、ということで第2位。

第1位 ZeppTokyoのD'angelo

これは文句なしで、インターネットでも伝わる感覚である。ここ数年ひっくるめてもここまで良いのはあまりなかった。今度パシフィコに来るらしいが、まだ未見の人はそれを見ると良いのではないか。
これは大体既に書いているので、この辺で。
fake-jizo.hatenablog.com