Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

計画的なような行き当たりばったりのようなそんな旅

最近、すっかり鉄道好きになってしまい、色々出かけているのである。
fake-jizo.hatenablog.com
実は書いてないのも一杯あるのだが、ちょっとずつ書いていこうと思う。
もう1ヶ月くらい前の話だが、ちょっとした旅行に行ったのでまずそれを書く。
https://www.instagram.com/p/BRgEw8-BsXy/
大宮のいなほ
大宮からいなほ号に乗る。って若干意味不明かもしれないが、なんか年1回十日町雪祭りに向かうための臨時列車として、大宮から十日町まで特急が出ているのである。普通知らないであろう。勿論去年までの私は存在を知らなかった。
https://www.instagram.com/p/BRgE2a-Bu3Q/
雪祭り号
これで大宮から十日町に行くのである。勿論、雪国の気分になるわけであるが、今回は水上の時点で大雪であった。なので、国境からトンネルを抜けた気分にはならないため若干旅情にかけてはいた。
https://www.instagram.com/p/BRgHsjCho3E/
Instagram
で、全くどうでもいい知識なのだが、
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」
のトンネルは、上越線のトンネルなのはまあ事実なのだが、この川端康成の時代のトンネルは現在の上りトンネルの方を指しているのである。つーまーりー、今はもうその旅情を厳密な意味では追体験できないということである。なんてこった。いや嘘。上越線を超えて関東から新潟に行く人なんて今いない。でも、川端康成の世界を追体験したいのであれば、やはり新幹線じゃなくて、上越線の方だとは本気で思う。あの景色が急に変わる瞬間は人は誰でも感傷的になれる。
えきから時刻表 駅時刻表
とはいえ、なんせ1日7、8本の世界なので、なかなか乗るのは大変かもしれない。たまーに臨時列車とか出てるので、その指定席を取るのが正しいと言えよう。
話が逸れた。
そうこうしているうちに、十日町に着く。
https://www.instagram.com/p/BRgFFCDhCqX/
逆光のドンキー
駅前では早速巨大な雪像があり、期待が膨らむ。
https://www.instagram.com/p/BRgFKLIhUEx/
振る舞い酒
更に、振る舞い酒も2杯くらいもらい、調子の良くなった私は、
「メイン会場ってどこですかー?」
とまあ旅行者として普通のことを、振る舞い酒を振る舞ってくれたお姉さんに聞く。
すると、
「山の上で、歩くと30分くらいかかるんですよー。大変なんですよね。」
とちょっとすまなさそうに言われる。ふむう(ちょっとめんどくさい)と思いつつも、十日町雪まつりなんて次行くことがいつあるのかわからないので、山の上に向かうことにする。
https://www.instagram.com/p/BQpLcnOhHEZ/
雪国なう
後から思うと、完全に私は勘違いしているというか、騙されている気がしてならない。
つづく。