Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

計画的なような行き当たりばったりのようなそんな旅(その4)

fake-jizo.hatenablog.com
ようやっと最終回。というかペースが遅いよな。本当はGW前には終わらせるつもりだったんだが。
酒田で快速最上川に乗って、新庄に向かう。
https://www.instagram.com/p/BUEbIlxBtL6/
快速
1日1往復しかないので、乗り過ごすわけにはいかないのである。これを逃すと、次は16時44分。その日中に東京に帰れるかどうかも怪しくなってくるのである。
えきから時刻表 駅時刻表
この列車は車窓に最上川が見れてとっても良い、が、意外と混んでるので、後ろ向きに車窓を見るという、まるで小学生のようなことをやる。この年齢になるとちょっと恥ずかしい。とはいえ、ずっと立ったままというのも嫌だしなあ。
https://www.instagram.com/p/BUEbQwhh3r_/
2月の山形
この列車は陸羽西線で、酒田から新庄に向かう列車なのであるが、まあ乗ったのは初めて、と言うか、なかなか普通来ないよな。最上川川下りとか有名なんだけど、むかーし、行った時には車だったような気が気が。内陸部を走る列車なのと、まだ冬だったので車窓は基本的に真っ白である。これは風情がある。
新庄ではあまり長居せず、そのまま乗り換えである。そもそも空き時間が殆どない。どうせ新庄の駅近辺に何かあるわけでもないので、いいっちゃいいんだけど。やっぱりどこも駅前は空洞化してるよなあ。曲がりなりにも新幹線の駅周りでも一番立派なのは駅そのもの、ってパターンが結構あるもんな。
https://www.instagram.com/p/BUEb_zYhmcG/
とれいゆ
さて、そう言うのはさておいて、ここで足湯付きリゾート新幹線という、とれいゆつばさに乗る。これは一度乗ったことがあるんだけど、その際には足湯には入れなかったので、そのリベンジである。実はこの列車、新幹線とか言いつつ、新庄から福島までしか行かず、しかも終着駅の福島駅では、在来線のホームに止まるので、本当の新幹線のレール部分には乗らない名前ばかりの新幹線である。どっちかと言うと、新幹線というより特急に近い気がする。
https://www.instagram.com/p/BUEcFnSBSJz/
足湯
期待した足湯なんだが、結論を言うと、どうも温泉っぽさがない。これ普通のお湯なんじゃないの?と言う気がしてならない。15分と言う短い時間ということもあるのかもしれないが、多分関係ない。他の温泉で入った足湯とどうも感覚が違う。まあ温度もぬるいんだが、温まり方がどうもなー。あれみなさん満足しているんですかね?まあ温泉じゃないにしても足湯からの眺めは非日常で良いですけどね。
福島からは普通に乗り換えて東京行き。いい加減日本酒を飲みすぎて若干フラフラだったのは覚えているが、車中は熟睡しており全く記憶がない。