Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Tortoiseを観た

音楽,ライブ

大分前の話だな(笑)。
https://www.instagram.com/p/BD_AsgWlYTj/
tortoise
2nd辺りから聴き始め、4thの「Standards」までは聴いてたんだけど、そこから先は全くわからず、とまあそんな状態のバンド。シカゴ音響派が好きなこともありましたねそういやでももう20年くらい前なんですね、と若干年を感じる。
開演時間より少し遅れて始まる。
もうどんなバンドだったかすら忘れているのだけど、おっさん(というかおじいさんっぽいのもいたな。)5人がだらだらと集まり始め、スタート。そこで黄色い歓声が上がって非常に驚く。え?こんなバンドでなんで?とか思いつつ皆様なんか盛り上がっている模様。
日本中のTortoiseファンが渋谷on airに集まっているからだろうか。なんかどう考えても盛り上がらそうな音楽なのに、観客席側はそうでもない。不思議な感じである。恐らくは新作からの曲がメインなので、私はよくわからんのだが、曲ごとに演奏者が変わるのな。いくらマルチミュージシャンの集まりといっても曲ごとにパートが変わるのは、ライブで観たのはチャットモンチー以来である。勿論チャットモンチーとは全く似ていない。
曲を聴いててやっぱり思い出すのは、プログレクラウトロックであり、一見フュージョンっぽいんだけどそうではなくロックベースだと強く感じた。これはなんでなのかなあ。多分ギターのトーンがクリーンじゃないからなのだけど。ただ、シカゴアンダーグラウンドデュオもここのメンバーだったはずであり、ジャズ色も強いはずなのだが。
最初終わった時に1時間くらいだったので、あーこれは90分くらいで終わりかな、割と早いなー、と思っていたら、アンコールは2回行い、きっちり2時間ちゃんと演奏する。やっぱりこの辺はプロなのね。まあみんないい年だしなあ。でも、メンバーの中ではジョン・マッケンタイアが一番ぶっきらぼうで、すぐいなくなるし、殆ど挨拶もしない。
全体的には久々に観たインストバンドなので、凄く良かったというわけではないけれど、安定していた感があった。キャリア20年以上だから当然といえば当然か。
実は次の日、あら恋を観ようかどうか迷ったのだが、さすがに2日連続してインストライブというのは精神的に辛く、諦めた。

閑話休題

昔一番好きだった曲を唐突に思い出したので貼っておくが、結構叙情的な曲が好きだったのな。当時辛かったのかな、いやあんなに適当なことやっててそれはないな。
youtu.be
あら恋はいつか観てみたいが、結構テンション高めなんだよな。
www.youtube.com