水戸岡デザイン初乗車

fake-jizo.hatenablog.com
この時、だけでもないんだけど、実は時折河口湖に行くのである。
だいたい理由はないのだが、いつも外国人多いなーと思ってそれで終わるという謎のことをやっている。
今回はライブが理由なのであるが、同行者もいたので、ついに富士山ビュー特急に乗ったのである。
f:id:fake-jizo:20180911011644j:plain
富士山ビュー特急といえば、スイーツ列車として有名である。JR東海371系の成れの果てと思う人もいるだろうけど、そんなマニアは置いておく。第一そのころのあさぎりには当時の私は電車に興味なかったから乗ってないしな。
あ、どうでもいいこと思い出した。
なんかネットだと趣味はずっと続けるべきみたいな風潮あるよな、別に飽きたらやめたっていいじゃんと思うんだけど、なんかそういうのって違うのかね?私結構飽きやすくて、今までも辞めた趣味一杯あるんだけど、そういうと、人として中途半端な奴だ、一途に打ち込むべきだ見たいな雰囲気に結構なりがちなんだけど、たかが趣味なんだからどうでもよくね?そんなの義務になったら趣味として終わりだろ、と思うんだけど。
って余計なことを言った。
f:id:fake-jizo:20180912004844j:plain
この時のスイーツはこんな感じである。飲み物は確かフリードリンクだと思った。2杯くらいしか飲んでないけど。そもそも1時間くらいで大月から河口湖に着くしな。スイーツの味じたいは美味しいんだけど、いつも思うけど、スイーツ列車のスイーツって微妙に量が多い気がするんだよなあ。
fake-jizo.hatenablog.com
この時も同じこと思ったけど、1時間に3個食べるのって結構キツくないか。そりゃ昼食の量は減らしたけれども。なんかなー。スイーツとノンアルコールカクテルとかじゃダメなのかな。
f:id:fake-jizo:20180912005223j:plain
f:id:fake-jizo:20180912005354j:plain
列車はとても豪華で、こんな感じなのであるが、背もたれが倒れる感じではないので、のんびりリクライニングして、という感じではないのである。繰り返すけど、1時間くらいしか乗らないからな。
f:id:fake-jizo:20180918195619j:plain
これがこの列車内だけで売っていたビール、と言っても特別なのはラベルだけだと思うけどな。

磐越西線を通る旅 その3

fake-jizo.hatenablog.com
会津若松駅に帰ってまいりました。
いつもこういう旅では慌ただし過ぎて、なんか旅情感が若干欠けるんだよなあ、とは思うけど。
f:id:fake-jizo:20180809012651j:plain
さて、会津若松からはSLで新潟に向かうのである。今画像ファイルのタイムスタンプ見たらこれ4月の話だな。一体いつの話しているんだか、という気もしなくもないけど、それは忘れよう。忘れた。
f:id:fake-jizo:20180809013009j:plain
SLは乗っている分にはそんなに楽しくないと以前言ったような気もするけれど、
fake-jizo.hatenablog.com
今回はグリーン車なのである。SLのグリーン車と言われても、かもしれないが、展望車付きの古い感じがする素敵な感じである。なかなかこの辺の車両に乗る機会は昨今ないので一度くらいはいいと思う。ただ、展望部分そのものはあまりイマイチだったが。
www.jreast.co.jp
f:id:fake-jizo:20180812160926j:plain
これで日本酒を飲みながら西に向かう。
f:id:fake-jizo:20180812154232j:plain
SLはその構造上、どうしても途中で休憩が必要で、これが15分くらいある。その際に、周りを見て回るわけだが、迷うことなき田舎である。
f:id:fake-jizo:20180812155453j:plain
新潟〜会津若松間はそれなりの人の流動があるはずだけど、だいたい高速バスによる移動だろうから、途中の街とか過疎化しかないんだろうなあ。いやまあ北海道は本当に何もないので、それよりはマシなのかもしれないけど。
f:id:fake-jizo:20180911010349j:plain
この辺で、日没になってしまい、そうすると、当然日本酒を飲んでいる私は寝てしまうのである。かなりフカフカの座席ということもあり、寝るのにとっても丁度いい。というわけで何しに来たのかわからないまま、新潟に到着。
f:id:fake-jizo:20180911010622j:plain
新潟駅のコンコースで、「乗車券余ってるんです。買ってもらえませんか?」という何かギリギリ感漂うおじさんに声をかけられたものの、既にチケットは予約しており、丁重に断る。このおじさんが何故このような状態になって、しかも新潟発上越新幹線の最終くらいにこのような話をしているのか気にならなくはなかったが、時間もなかったのでそのまま帰る。今考えると理由を聞いておけばよかったなあ。
でもとんでもない理由が出てこられても逆に困るか。

水曜日のカンパネラを観に行った

6月末の話なんだけど、ま、一応。
fake-jizo.hatenablog.com
観たのは2年前になるかーもう。
今回観たのは河口湖ステラシアターである。当然初めて。
https://www.instagram.com/p/Bkpn1wbAXL-/
Instagram post by Takashi Satou • Jun 30, 2018 at 1:23pm UTC
どうも開演前にリハーサルの音が野外に全てダダ漏れだったみたいだが、まあその辺は置いといて。どっちかというと開演前にやられたのは私のお腹である。殆ど動けないくらいに体調悪化したので、水をちびりちびり飲みながらひたすら安静にしてた。つらい。
水曜日のカンパネラのライブといえば、最初はまともにステージに出てこない訳だが、今回も当然普通には出てこず、一番後ろから登場。
で、当たり前のように、天井の骨組みに登り、煽りまくる。
その後に、普通の客席に降りて来たけど、私の席まで3mの近さまで近づいたので、こんなに近いライブもしかして初めてかもしれない、と調子の悪さを置いといてちょっと興奮。
https://www.instagram.com/p/Bkptn-IgvKg/
今日はこの距離でした
と、まあいつものように始まった訳なのだけれども、途中からはだいぶ落ち着いている。
おそらく、日没と合わせているのでは、と思った。
https://www.instagram.com/p/BkpnvPwglkq/
2年前からはだいぶ違った
相変わらず、水場に降りたりとか、よく見るとずっと裸足とか色々あるけど、以前と比較するとだいぶアーティスティックだった。最後の焚き火の演出とか素晴らしかったもんな。アンコールないところが尚良かった。あれでアンコールがあったら正に蛇足だ。
www.livefans.jp

(主語が大きい)現代若者気質

先日、明らかに遅刻の時間に私は仕事場に向かっていた。
日も高く上がり、もはや通勤時間ですらなく、通勤経路のいつも乗車する私鉄はだいたい座れるくらい空いていた。
Spotifyで何を聴こうかなと思いながら、ロングシートに着席すると、向かいに着席している若者が気になった。
肌の感じから20代半ばと思われるが、明らかに目の下にはクマがあり、落ち込んだ表情であった。
iPhoneを始終眺めては落ち込むのを繰り返しており、一体何があったんだろうと気になった。

このクソ暑い中、彼はアイロンの効いた長袖のYシャツを着て、レジメンタルのネクタイをしっかりと締め、スーツの上着は流石に着用してはいなかったものの手には持っており、緩い適当な格好で仕事場に向かっている私とは正反対である。私は勿論ネクタイは締めてないし、ここ数年スーツすら着ていない気がする。
あまりに気になったので、こっそり写真を撮り、今見てみたが、当時の印象は変わらない。普通の企業なら絶対に遅刻の時間にこんなかっちりな格好をして、且つ目の下にクマができる状況というのはどういうことなんだろう、と思い、きっと普通なら休む体調なのだろうが、何かがあって遅刻してもどうしても行かなければならないのだろう、というのは感じた。
そこまでする仕事ってあるのかなあ、と思いつつ、緩すぎる私は電車の中でポケモンGOをすることにした。
www.youtube.com

先輩風が吹いているよ

f:id:fake-jizo:20180813000423j:plain
これは何か。先輩風壱号である。
www.youtube.com
yonayonaale.com
先日よなよなエールの直営店に行ったら、こんなものが予約できますよというお品書きがあった。
これって結構予約あるんですか?実際動いているところ見てみたいんですけどと店員の人に聞いたら、今なら見れますけど見ますか?と言われたので、見せてもらった。
実際やってみたんだけど、これ自分では風はあまり気づかなくて、周りの人に吹く風を見て気づくんだね。本当に先輩風らしくて非常に面白い。AIって言ってるけど、実際には特定の語彙と語気とかで判断かな。
店員の人に聞いたら、「バブル」でかなり強風が吹くらしく、事前のチェックではバブルを連発するらしい。
17日までで赤坂店では終わりらしく、予約も結構入っているみたいだけど、まだ取れないこともないようなので、気になる人は早めにどうぞ。お盆週にやるのは難しいかもしれないが!

あいずではなくあいづが正しい その2

fake-jizo.hatenablog.com
f:id:fake-jizo:20180716144800j:plain
喜多方に着く。ちょうど雨が降ってくる。マジか。
雨というよりも実際にはみぞれである。
タクシーを待つものの全く来る気配がない。歩くなんてとても無理。
しょうがないので観光案内所で聞いてみると、街中循環バスが走っていてもうすぐ出発するとのこと。慌てて飛び乗ることにする。

市内散策に便利なまちなか循環バス「ぶらりん号」が4月1日(日)より運行いたします。
乗車特典もついて500円で乗り放題となります。
時刻表はpdfファイルをご覧ください。

運行期間:4月1日から11月25日までの土、日、祝日運行
(但し、4月28日~5月6日と8月4日~12日は毎日運行)

*喜多方まちなか循環バス「ぶらりん号」4月1日より運行いたします*|お知らせ|喜多方観光物産協会
でもこれ民間じゃもう賄えないからこんなバスがある気がするので、喜多方辺りには車で来る人しかいないんだろうな。そりゃそうか。
喜多方ラーメンといえば坂内食堂が多分有名だが、どうも滅茶苦茶混んでるらしいとのバスガイドさん情報。じゃあそれはやめ、ということで、あんまり混まないけど、美味しいところどこですか?と聞くと、あべ食堂を紹介される。とても親切に場所も教えてくれたので、あべ食堂に向かうのも全く迷わなかった。
殆ど待つことなく、席につけたので、チャーシューメンを注文。
f:id:fake-jizo:20180716194130j:plain
美味しいけど普通のラーメンだよなこれ。
f:id:fake-jizo:20180716194403j:plain
店の中も中華食堂という感じで、有名なラーメン屋という感じではないけど、こんな店がいっぱいあるのだろう。こんなに需要あるのかなと少し心配になる。そこまで大きな街ではないだけに。
喜多方でラーメンを食べ終えて、はてどうしようかと悩み、蔵見学とかやってもいいんだけど、なんかそれもイマイチだなーとか思って、ラーメンだけ食べて会津若松まで逆戻り。この頃には丁度雨も晴れて…ってなんだったんだこの雨。単なる嫌がらせかな。
f:id:fake-jizo:20180716220137j:plain
会津若松に戻って来る。地方都市らしく空洞化が進んでおり駅前には何もない。
f:id:fake-jizo:20180716220607j:plain
たまたま見つけた、ラーメン二郎も休業である。
どうも会津若松には旧市街があり、そっちの方が有名みたいである。なので、そちらに向かってみる。
f:id:fake-jizo:20180723181942j:plain
わかりにくいけど、クランクの道。城下町ならではという感じであるが、写真でとるとうまくいかないね。パノラマなら伝わるんだろうか。
f:id:fake-jizo:20180723182237j:plainf:id:fake-jizo:20180723182611j:plain
このような明治〜大正から続く建物が並ぶのだが、まあでも町並み保存って感じというよりもたまたま残ったってだけな気もしなくもない。この辺恐らく高度成長に取り残された街なのだけど微妙に郊外型が流行る前には注目された、んじゃないかとみている。要するに運がいい(笑)。会津若松駅周辺は完全にロードサイド型郊外店に駆逐されてしまったけど、この辺はその頃にはもう観光資源だったのだろう。
普通の店、としてはもう使いにくそうな店も結構あるんだけど、まだやってはいるみたいだね、中を改装してカフェとかにした方がいい気もするのだけど、何故か呉服店のまま、という不思議なところもいくつかある。どう考えても呉服店で売れる時代ではないとは思うんだが、でも変に開発が入るよりはこっちの方がいいのかも。
f:id:fake-jizo:20180723183419j:plain
そうかと思うと酒蔵もある。これ街のど真ん中なので城下町とはいえ今では結構珍しいんだけど、蔵の人に話を聞いてみると、やはりここで作っているとのこと。
f:id:fake-jizo:20180723184318j:plain
駆け足で見学したので若干疲れつつも、会津若松駅に戻る。
つづく。あれ、今回で終わるはずだったんだが。

ogre you assholeを観に行った。

毎年書いている気がする。
https://www.instagram.com/p/Bi60AFOglUe/
今日のorgaのアンコールはNeu!でした。
ogreを言語化するのはとても難しい。いつも良かった以外に言いようがないからである。感動した、のも毎回事実であるが、全く他人に伝わる気がしない。しかも微妙に地味である。
また短い時間だとどうも観た気がしない。2時間フルフルくらいが丁度良いのだが、それだとワンマンしかない。いやこれもワンマンのつもりで買ったんだけどそうじゃなかった。
ogreは会場限定で、以下のCDを販売している。
www.cinra.net
私としてはとてもとても喜んで、勿論即購入した訳だけれども、問題はオリジナルを聴いていない人がこれを聴いて面白いと思うのか全くわからない。いや多分そんなに面白くないと思う。ライブの中ではロープという同じ曲を1日のうちに2回アレンジを変えてやったり、普通やらないことを一杯やっているように思うのだけど、他の人にはなんとなくオススメする気が起きない感じなんだよな。自分だけがわかっているのが良いという。ここがどうしてもオーバーグラウンドにならないところなんだと思う。
とても良いのだけど、他人に勧めるポイントが思いつかずイマイチ広がらない。私はYo La Tengoも大好きなので、こういったMusician's musicianも嫌いではないんだけど、なんか歯痒いよね。だからと言って、こういう雰囲気だから言い訳で、これがアリーナとかスタジアムとかだったら全く面白くないとも思う。なんとも微妙だ。そこがいいのだけれども。

OGRE YOU ASSHOLE - ロープ(Long ver.) @ りんご音楽祭2013