石垣島の穴場

石垣島というと、川平湾とか、ユーグレナモールとかまあ普通はその辺なんだろうけど、今回石垣島で地元の人に聞いた一番のオススメはここ。(但し調べたのは二人だけ)

http://www.yaeyama-pain.com

JAおきなわゆらてぃく市場である。つまり農産物直売所。

https://www.instagram.com/p/BoULXMKAfA-/

ヤギ肉

まず、目に入るのはヤギ肉である。入荷しましたと言われても普通は食えない。食べ方もわからない。昔の沖縄の人は食べていたそうなのだが、おじいの話によればヤギ肉の料理をすると街中に臭いが広まりまくり、その臭いを嗅ぎつけてみんなヤギ汁を食べに来る、ということだったが、それは地元の人曰く「単に食べ物がなかったからだろ」ということらしく、普通の人はまず食えないのではないか。

というか私も食べられるかどうか疑問だ。マトンは食えるけど、ヤギはまた独特だからなあ。

https://www.instagram.com/p/BnyzXUVnQRY/

もやし詰め放題

次にもやしの詰め放題である。全くわからない。詰め放題とかいるか?しかも、もやしに見えないんだけど、何だこれ。更に一番人気で、あっという間になくなるのである。恐ろしい。

f:id:fake-jizo:20181030010208j:plain

お次は、品名「刺身」、原材料名「魚」である。いやまあそうなんだけどさあ。幾ら何でも雑すぎない?
 沖縄でいう刺身屋は魚屋のことだけど、そこから考えると、品名「魚」原材料名「魚」になってしまい、いや魚にもいっぱい種類とか!料理とか!ほらなんていうか、説明足りなさすぎ!一体何なのここ。

という夢のようなワールドがこのゆらてぃく市場である。これ以外にも色々安いのでうっかり買ってしまいそうになってしまうが、ここは石垣島である。私の住んでいるとこどこ〜。

閑話休題

因みにこの日は安室奈美恵の引退した日だったんだけど、新聞の社説に載ってたのは驚いた。

https://www.instagram.com/p/Bn1AJq2gWzV/

沖縄タイムズの社説

 1面とかなら沖縄の地元紙だしまあわかる、なのだが、社説ですからね。沖縄での安室人気は本当に凄いのね。

泡波の相場2018年度版

fake-jizo.hatenablog.com
ライフワークではない、と言いつつ、結果的にそうなりつつあるこのカテゴリ。
もはや、自分でも何のためにやっているのかよくわからないのである。
さて今年は。
f:id:fake-jizo:20181010234544j:plain
いつもの離島ターミナルはこのお値段。
前回と同じですね。
地元の人に聞いた所、泡盛のボトルは基本的に回収前提なので、回収できない観光客に売ってしまうと、ボトルを新規に作らなければならなくなり、値段に跳ねてしまうらしい。なので、基本、泡波は商店では100mlのボトルしか売らず、地元の居酒屋とかに2合瓶以上のボトルをおろしているらしい。確かにそれなら回収できるもんね。
で、今回の石垣島最安値はこれです。
f:id:fake-jizo:20181010235304j:plain
3合瓶で2800円。他のところと全然値段が違うので、間違いなく最安値でしょう。POPは間違ってない。流石にこれは買いましたね。
場所は勿論言わないので、頑張って探してください。
ちーなーみーにー、たまーにみるこの二升五合瓶(=4.5リットル)。
f:id:fake-jizo:20181011000342j:plain
これ何なのか全然知らなかった、というか調べる気が起きなかったので、全く由来知らなくて、チコちゃんに言わせれば"Don't sleep through life!"と叱られそうではあるのだが、今回初めて知った。升升半合なので、益々繁盛瓶というんだね。語呂合わせか。全然気づかなかった。
日本酒にもあるらしいんだけど、泡盛でしか見たことないなあ。偶々なんだろうけど。
そういう意味なので、開店祝いとかで贈られることが多く、封を開けることは殆どないとのこと。

余談

それが一気にブームになり、入手困難な泡盛に!
蔵元も、ブームになってもあくまでも村の人達が中心と生産量を大幅に増やすことをしなかったため、今でも入手しづらい泡盛の一つになっています。
まぁ一時期のブームに比べれば、幾分落ち着いて、石垣島に行けば少しは普通の価格で買えるようになっています。

仲間酒造「泡盛 宮之鶴30度」販売情報 - 泡盛ガイド-沖縄の島酒を楽しもう
地元では実は宮の鶴の方が希少だとか。でもこれまだ石垣島では簡単に手に入ります。他のところでは知らない。
味について何だけど、買ったは買ったもののまだ飲んでないのでわからない。

Ogre you assholeを観に行った。

実はとってもライブ評が溜まっています。全く追いつかない。行き過ぎだ。
で、まあ、今回はよくある感じではありますね。
fake-jizo.hatenablog.com
この場末のblogでも影響を受けて見に行ったりしてくれる方もいたりして、こういう布教活動は馬鹿に出来ないな、と思っていたりする。
https://www.instagram.com/p/Bn0wWxagLKz/
豪雨の中のogre
ogreは本当に大好きで、ワンマンなら必ず見に行くくらいなのだが、何故なのか自分でもよくわからない。
ライブの始まりはヴィンテージシンセの音響からスタート。
でも今回の本番は音響ではなく天候である。
f:id:fake-jizo:20181009231957j:plain
最初はこのくらいの曇り空だったわけであるが、だんだん曲調がそれっぽくなるにつれて完全な土砂降りになるのである。
後ろから聞こえる音響システムは野音でも初めてで、なかなか興味深かったわけであるが、途中からはもはやなんだかわからないのである。だって雨音の方がでかいんだもん。
おいこら。誰も雨乞いをしろなんて言ってないぞ、とも思いつつ、ライブを観にきているのか豪雨の中継をしているのかくらいの勢いで、もはやなんでこの中でライブを観ているのかすらよくわからない。普通に考えたら家に帰れよ、って感じだ。
日比谷野音ならしょうがないと思いつつも、フジロックでもそうだったらしいな!絶対雨男いるだろこれ。おかしい!
殆ど拷問のような豪雨に耐えてずっと観ていたわけであるけど、やっぱりワイパーは素晴らしい。

Ogre You Asshole - ワイパー

アンコールではロープと新曲をやったわけであるが、ロープが終わった際には涙が出て来ましたね。雨がやんだからか、演奏が素晴らしかったか、照明が印象的だったか。多分全部。
ここまで初のMCで、「あれ雨止みましたね。演奏が終わったら止みましたね。なんか申し訳なかったです。」的なことを言っていたのは本当にいい加減にしろ、とは思った。雨が降りそうな音楽ばかりやっていてどういうことだ。
また観に行くけどね。
www.livefans.jp

余談

www.uniqlo.com
出始めの頃に買ったブロックテックパーカは1万円弱くらいして、ユニクロにしては大変高かったけど、今回真価を発揮して頂いた。大変優秀であった。ただ2時間が限界だな。それ以上は厳しいと思う。

小江戸横丁から東松山音頭

東松山である。わざと勘違いさせようとしているが、東村山ではない。
f:id:fake-jizo:20180924233046j:plain
どこにあるか東京都民ではわからないであろう。勿論、私も足を踏み入れたのは初である。
東武東上線という、とても馴染みのない路線で、ひたすら北西に行くとあるのである。同行者には何で駅弁買わずに駅でご飯食べて行くの?と言われたが、東武東上線には特急列車なんてものはなく、全て通勤列車なのである。ロングシートでお弁当食べるなんてそんな恥ずかしいことできるか。
TJライナー…は昼間は走ってない!
この辺がマイナーな気がするんだよなあ。実際、練馬よりも先に行くことなんて殆どない気がする。
さて、そんな東松山に何故行ったかというとこれである。
www.coedobrewery.com
エドビールの工場見学。これが東松山でやっているのである。厳密にいうと、東松山駅からバスで30分くらい。なかなかの小旅行だった。
エドという名前の通り、元々は川越で醸造していたのだが、より田舎を求めて、東松山に移った、とのことだった。
f:id:fake-jizo:20180930184025j:plain
学校という名をつけるだけあって、本当に技術的で、醸造所見学って実は結構行ってるんだけど、こんなにテクニカルな説明が多かったのは初めてだった。この麦とホップの説明を10分は聞いてたんじゃないかな。食べ比べとかそんなのはやったことあるけど、それぞれでどう違うのかとかそんな説明はあまり聞いたことがない。
醸造所見学といえば、大体大手でもやってるけど、こういう小さいところの方が、色々見れて面白いので、興味のある人は小さい醸造場に行って見るといいと思う。
東京近辺でも色々やっていて、例えば、日本酒なら澤乃井とか。
www.sawanoi-sake.com
後は、田舎の方行くと、なんかよくわからないけど見学出来るとかそういうのもあって、以前書いたこういうのは割とある。衛生面に厳しい箇所は流石に入れてはくれないけどね。
fake-jizo.hatenablog.com
話を戻すと、クラフトビールの見学といえば、醸造所の見学と、説明、終わった後に試飲というのが普通なのだが、ここはなんとテストがある。学校なので理解度を図らなければならないから、なのかどうかは知らないが、調子に乗ってるとひっかけ問題とかあって、満点取れないことになる。私も危うく間違いかけた。
テストの内容はネタバレになるので出さないが。
f:id:fake-jizo:20180930183904j:plain
終わった後、社長と少し喋ったのだが、東松山はやきとりが有名なので是非食べてって欲しいと言われたため、やきとりを食べに行くことにする。
なお、やきとりは漢字ではなくひらがなで、しかも実際には鳥ではなく豚である。やきとんではなく、やきとりのところが謎であるが、他にもこういう風に呼ぶ所あるんだよなあ。有名らしいのだが、なんせ東松山には縁がないので、初めて知った。
https://tabelog.com/saitama/A1105/A110502/11003287/tabelog.com
で、社長に紹介された「桂馬」に行ったのだが、17時開店で5分後くらいに行って入れたのだが、17時20分くらいにはもう満員でお客さんを断ってて、すごい所だなあ、と思った。たまたま開店とほぼ同時に行ったからよかったようなもの、少しでも躊躇したら入れなかったな。
名物のやきとりは大変美味しく、流石名物と呼ばれるだけのことはあった。
https://www.instagram.com/p/Bm6DVxSg-d5/
何故コアラ?
東松山にはマンホールのコアラがあった。何故コアラなのか謎だったのだが、こういうことだったのね。

埼玉県東松山市には、埼玉県こども動物自然公園があり、
そこで飼育されているコアラがデザインされている、色鮮やかなマンホールです。

~未来は何処の空の下へ~ 埼玉県東松山市のマンホール

SONIC OFF

SONIC MANIAの後日談。
fake-jizo.hatenablog.com
会うはずだったとある若者が日和ったので、SonicMania終わった後に、幕張駅の側のHubで若者以外の3人で飲んでいた。
そのうち年を取った方のふたりは、これからの人生で、後何のライブを見に行けば良いんだろう、で悩んでいた。
なんせ大体自分が見たかったライブは見た後だし、後見たいライブはというともう見ることの出来ないものが多かったからだ。
ある人が言った。
「ジャニーズが見てみたい」と。
確かにその通りだ。
ジャニーズはFCに入っていても取れるかどうか確約ではないし、第一、FCに入ってあそこの場で見る気があるのか?という根本的な疑問もある。
とは言え、SMAP以降のジャニーズは純粋に曲が素晴らしいのも多く、そこまでバカにできるものではないというのもわかっていた。
私はBlackMusicが好きなので、ENDRECHERIがとても見てみたいのだけど、ぴあのチケット購入をみたら、今時電話しかない、ということで、そんなのとても無理ということで諦めた。
仮にこれが三浦大知だとすると、(チケット取れるかどうかは置いといて)そこまでめんどくさいことはないんだろうな、と思って、これは本人達にとっても良いのかどうかわからなかった。

SONICMANIAを観に行った その2

fake-jizo.hatenablog.com
前回の記事だけでは殆どP-FUNKのライブを観に行っただけなのでそれ以外を。
まあでも、この時点で目的は達成されたので、初対面の人とあって、いくつか話しているうちに、完全にThunderCatを見逃す。そうだ、それも観たかったんだったとか思いながらも、みんなと一緒にマイブラを観に行く。
f:id:fake-jizo:20180930181031j:plain

で、マイブラ。赤いキラキラしたドレス着たビリンダ・ブッチャーがモニターに映った瞬間、みんな「うおお」と言ってたのがよかった。おれも言ったぜ。そして、最初の一音でいきなりもぐおと顔見合わせて笑ってしまった。噂通りの超強烈な音圧やばいですね。扇風機がSUNN O)))をカバーしていたあの映像を彷彿させる…。

www.ugnews.info
マイブラの感想はこれでいいんじゃないかな?とかなんとか思いつつも。
前回のStudioCoastのライブの若干拷問じゃないか、という音圧と、その後のむにゃむにゃしたあれこれがあって、今回最初から耳栓をしていたわけなんですよ。でもさー、これ全く楽しくない。耳栓を取る恐怖に負けてそのまましばらくいたんだけど、ダメだーこれ。ノイズピットは兎も角としてもそれ以外で耳栓してマイブラ聞いても面白みが微塵もない。
これじゃつまんねーなーどうしようかなーというところで、同時にFlyingLotusがやっていたことを思い出す。これもどうしても観たい、と思ってたので、YMMRを待たずに離脱。FlyingLotusに向かう。
https://www.instagram.com/p/BmmOIZJAyZb/
でも音楽的にはこっちの方が良かった
これは素晴らしかったですね。ジャンル的にはブラックミュージックとしか言いようがない。


これを見ればなんとなく伝わるかも。この辺の流れにしたのは日本だからだろうなあ。これは本当に見てよかった。日本でまたライブやる機会あるのかな、なかなか単独ではなさそうな気がしてならないのだが。3Dメガネあった方が面白かったらしい。うーん。他の人にちょうだいというわけにもいかないしな。
FlyingLotusを見たことで満足し、残りはさらっと流す。UNKLEちらっと見たけど、なんかDJをライブでやってる感じだったなあ。どうも東南アジアでこういうのが流行っているらしいとの同行者談。
f:id:fake-jizo:20180930181458j:plain
終わるとやっぱり朝ですね。朝は辛いです。ゴミの量も半端ない。何かのオブジェかと思った。

SONICMANIAを観に行った

前行ったのいつだっけ?と思ったら4年も前だった。
f:id:fake-jizo:20180912002557j:plain
www.summersonic.com
前回は結局kraftwerkを観に行った訳だけど、一番印象に残っているのはZEDDだったりもする。前何思ってたかなあ、と思って調べてみたが、2014年くらいはまとまった文章ほとんど書いてないので全く残ってない(笑)。ま、そういう感じになるので、再度書き出したりもしたのだけど、大して書いてないから意味あるのかどうかはわからんね。
あ、でも昔より写真撮るようになった。だって全然覚えてられないんだもん。完全に外部記憶に頼るようになっている。これが老化だね。老害と呼ばれる日は近いな!
さて、sonic maniaからもう1ヶ月も経つので、書ききってしまおう。
オールナイトということもあり夕方から昼寝をしてたらすっかり寝過ごす。着いた頃にはほぼ23時であり、コーネリアスは終わったところである。
TIMETABLE - SONICMANIA 2018
マイブラの耳栓はもらったものの、FlyingLotusの3Dメガネは受け取れなかった。後で後悔することになる。
https://www.instagram.com/p/BmmLwbrAoAT/
これを見るのが夢だったんだよ
23:45からはGeorge Clinton&Parliament/Funkadelic要するにP-FUNKである。何を隠そう、今回のsonic maniaの私の1番のお目当てはこれである。昔から大好きなのであるが、何故かライブの機会は逸し続け、25年越しにようやく観るParliament/Funkadelicである。
スタイルは80年代半ばからのP-Funk ALL Stars形式で、まあ後期Funkadelicなんだけど、そんなこと言ってもわからんよな普通。と言っても最初の方の曲全然わからなくて、最近の曲なのかなあ、90年代半ば以降まで追いかけてないんだよなとか思ってた。REGGAEやHIPHOPも垣間見られる、「らしい」感じではあるが。
www.setlist.fm
殆ど変わらないと思われる、SummerSonicのセットリストを見る限り、2010年代になってからの新曲ですね。
最近の曲分からないんだよなあ、とか思いつつも、初めて見るP-FUNKに感慨深いものがあるが、何となく物足りない気分でいると、Flash Lightである。
www.youtube.com
www.youtube.com
VHSのテープが擦り切れるほどみた、あのFlash Lightである。これが盛り上がらなくて何で盛り上がるんだ。このHoustonのライブから40年。この宇宙船から降りてくるDr.Funkensteinに憧れたのは一体幾つの時だったか。それが現前にあるのである。
勿論この70年代のテンションに及ぶべきもなく、全体的にはゆるーいノリではあるのだが、そんなことはもはやどうでもよく、生きているGeorgeClintonとその仲間たちをみられただけで満足である。そこからはかなり興奮したからなのかあまり覚えていない...。基本的にメドレー形式なので、何曲やったのかもさっぱり覚えていないまま1時間経ってしまって終了である。
f:id:fake-jizo:20180924230623j:plain
満足は満足なんだけど、でもなー、1993年にチッタでやった、復活EarthTourは観てみたかったなあ。ライブはなまものなのでしょうがないけどね。
というところで、これだけでめっちゃ長くなったので、続く。