girls and boys(は出てこないの?)

fake-jizo.hatenablog.com
年を跨いで、且つ4ヶ月ということで、私自身もう忘れているという素晴らしさ。
一通り大洗の商店街を見て回ったところで、大洗のシンボルである(と思われる)大洗マリンタワーに向かう。
f:id:fake-jizo:20190317185315j:plain
マリンタワーといえばガルパン喫茶である。
tabelog.com
ガルパン喫茶の前に一つ気になる事があるのだが、このタワー、エレベーターに乗ると3階までしかなく、2階がガルパン喫茶なのだが、それは普通の2階とは思えないところにあるので、初見の我々は少し戸惑った。
上の写真でいうと、一番上の出っ張ったところが3階の展望室で、その直下の少し広いところが2階である。普通ならこれ7~8階くらいなんじゃないのかなあ。
f:id:fake-jizo:20190317190023j:plain
なので、2階からの景色はこんなのである。コンテナ埠頭というのは極めて大洗らしい。昔北海道に住んでいた頃に苫小牧から出てたフェリーに時々乗ってたのだが、苫小牧〜大洗というフェリーコースで大洗を知ったといっても過言ではない。その頃ガルパンはなかったけど。
f:id:fake-jizo:20190317185559j:plain
ガルパン喫茶らしく、フロアはこんな感じである。
写真はないのだが、ここでライフルのモデルガンを持って、地上に狙いを定めているグループがいたのだが、あの人たちはなんだったんだろう。ガルパンは戦車なので違うと思うのだが、ミリオタも被っているのかしら。ていうか怪しさ全開なのでやめてほしいところではある。人のいないところで思う存分ライフルを振り回してほしい。
f:id:fake-jizo:20190421150919j:plain
次に向かったのは若干廃墟気味のアウトレットである。そんなに興味はなく、結局ここもガルパン頼みかということで、そこだけ人が居た気がする。
そういや、デジタルサイネージはあんまりなくって立て看板が多いんだよな。この辺でもそろそろサイネージかと思っては居たのだけど、そんなことはまだなかった。
f:id:fake-jizo:20190421151503j:plain
なんとなく気づいたと思うが、この辺で飽きてきているのである。いや実際よく知らないし。思い入れもイマイチだし。
f:id:fake-jizo:20190421155052j:plain
さて、この辺で大洗を後にして、そろそろご飯…の前にそう言えば、銚子の方にはお酒で有名なセブンイレブンがあることに気づき、そこに向かうことになる。
f:id:fake-jizo:20190421154702j:plainf:id:fake-jizo:20190421155159j:plain
着いて一言。しゅごい…。
見たこともないようなお酒が山のようにある。しかもほぼ定価。なんじゃこりゃ…。
一部は確かにプレミアついてたけど、そんなに普通の人が知らないような酒については、殆どプレミアなかったんじゃないかなあ。
普通の酒屋でもありえないくらいの品揃えで、ここで全てが吹っ飛んだ気がしますね。
https://www.instagram.com/p/BwgiSLMHqtt/
研究所
koyoinoyoi.com
買ったのは、農口尚彦研究所と新政頒布会のもの。いやこれ普通に売ってると両方とも初めて見たよ。新政の頒布会は居酒屋の裏メニューとしてしか見たことないし、農口尚彦研究所は一度クラウドファウンディングで買い逃した後、手に入れる方法がわからなかったんだよねえ。
www.makuake.com
一番美味しかったのは確かこの中だと、新政の96%精白のやつ。とてもそうは思えない味だったなあ。
余談だけど、この前精米歩合0%ってのも飲んだけど。いやまあ意味わからないだろうが、その話はまたいずれ。

・・・・・・・・・を観に行った。

fake-jizo.hatenablog.com
ドッツトーキョーだけど、前回「・」の数が8つのような気がする。間違った。
前回から一年半ぶり。
というのも今回でメンバーが全員いなくなるという、つまりラストライブらしいのである。


東京キネマ倶楽部という鶯谷にある元キャバレーでのライブである。
f:id:fake-jizo:20190330231015j:plain
その元キャバレーに入ると、布がいくつも貼ってあって、そこに過去のライブの映像がずっと流れている。これ面白い演出だなあ、とライブ中ずっと思っていた。今回のではないんだよね。
f:id:fake-jizo:20190330231233j:plain
ライブを観てて思ったのは、まずアイドルって儚いものなんだなあ、ということ。
本来アイドルはこの時期の一瞬だけきらめくものを切り取った、くらいでしかないんだということ。最近アイドルの解散が多いけど、始まった時期が大体同じくらい、だと結局終わる時期も大体同じになっちゃうよね。長く出来るものではないのだろう、というわけで、3〜4年くらいが平均寿命になっちゃうのはある意味しょうがないことなのだろう。
次に、ドッツに限って言えば、コンセプトがちょっと詰め込み過ぎなんじゃないか、とはおもう。詰め込み過ぎてファンから見れば若干消化不良気味になってしまうのではないかと。詰め込み過ぎなのか方向性が定まってないだけだったのか、まではわからないけど、とっちらかり過ぎてとにかく全体的にわかりにくい。一体何を目指してるんだろうは、最後まで謎だった。
音楽的な話をすると、シューゲイザーアイドルだけあって、バックは爆音なんだけど、5人⇨3人になったのが辛かったように思う。お世辞にも歌が上手いとは言えないのは前回もそうだったのでそれはそれでいいし、エコーもかけないのもまあいいんだけど、3人になったことでコーラスが使えなくなった。コーラスで強引にバックに打ち勝つってことが出来なくなったせいで、どうしても音楽的にはバックのノイズに負けてしまう。これは結構致命的で、3人になった際に、この結果(=ラストライブ)は見えていたんじゃないか、とも思った。前述したプロジェクターに映っている映像も5人のものが殆どで、5人という形態がちょうど良かったんだろうなと。
音楽的な話でもう一点。
www.youtube.com
今回私が気に入った曲は、テクノっぽい曲で、例えばこの曲のカバーも演奏した、というかオケなのでそのまんまなわけだけど、まあわかる人はわかるだろうけど、これAshraのカバーというかオマージュだよね。
www.youtube.com
他にも池田亮司のカバーなのかそのまま流したのかわからないが、そういう曲*1もやっていて、こういうのは当然と言えば当然だが、フロアの受けは悪いんだよね。私は好きなんだけど。
この辺結構ギャップがあって、私が苦手な、ニコ動で流れていそうな感じの転調を繰り返す曲なんかはフックがあるので、かなり受けるんだよね。でもそれは他のシューゲイザーの曲とは全然合わないし。そもそもシューゲイザーすらマイナーだし。アングラというかマイナー趣味の人が運営側に絶対一人はいそうなんだけど、その趣味を全開にしちゃうと、それはそれで周りがついてこれないジレンマは割とありそうな感じ。でもまー現代音楽に近いレベルのここまで来ると、とてもポップスではないし、アイドルとは真逆だよなあ。さっき調べたら「にせんねんもんだい」のカバーとかもやってるそうでして、いやそれは受けるの無理だろーとは思う。
https://www.instagram.com/p/BvZPmv_He5K/

Instagram post by Takashi Satou • Mar 24, 2019 at 2:29pm UTC
そう言えば私はラストライブなんて初めてなわけで、周りでは号泣していた人もいたようなのだけど、普段アイドルとか全然行かないので、興味深かったし、実際面白いライブでした。その時たまたまいた人と終わった後話してたんだけど、曲結構いいのにこれどうするんだろ、勿体無いよねー、みたいなことを言ってたんだが、実際どうするんだろ。サテライトは名曲だと思うんだけどなあ。
www.youtube.com

初めての寄席

https://www.instagram.com/p/Bs-f8DLHJrW/
今年初ライブ
実は寄席って行ったことなかったのである。
もういい年なので、寄席通いも始めなければならない。忙しい。
というのは冗談だけど、一度行って見たかったので、行って見た。
内容は、落語の合間に寄席芸人が芸をやるという感じで、正月にみる演芸番組って感じではある。まあ逆なんだが。紙切りとか、なかなかこういうところ行かないと見れないよなあ。
夜の部は、18時からスタートなんだけど、最初は前座なので、最初からわざわざみる必要もあんまり無く、7時とか8時からでも適当にふらっと入るのが一番いいのでは、と思う。
この辺普通のライブとはちょっと違うよな。
写真見れば分かる通り、客は2,3割程度でガラガラである。この上野の演芸場は酒も飲めるみたいなので、適当に外行ってコンビニ入って、酒とツマミを買って眺めるという、とてもゆるい感じで、キツキツなこともなく、居心地が良い。
しかし平日とはいえ、この客入りではかなり運営厳しい気もするなあ。常設というか毎日2回やってると入っても、5割くらいは客が入らないとまずいんじゃないだろうか、とか余計な心配をしてしまう。元々は東京にももっとたくさん寄席はあったはずだけど、かなりなくなって今に至るけど、このままだと更に危ないんじゃないか、という気もしなくもない。名人といっても、最初はこういうところがないと演じるところがないからなあ。
最初の辺りからずっと見てたけど、やっぱり大トリに向かって徐々に面白くなっていきますね。大トリはトリを任せられるだけのことはあって、流石だと思った。
f:id:fake-jizo:20190317182039j:plain
終わった後は太鼓をたたくんだね。この手のものは文化としては残っているけど、大元がなくなってしまうと、なんだかわかんなくなってしまうよな。
まだ残っていることそのものが驚くべきことなのかもしれないけどね。
半期に一度くらいは行くのもいいかなあ。だいぶ楽しめたので。他の人も見て見たい。
値段も三千円いかないし。結構安いですよ。

mp3blog調査結果(2019年度版)

たまたま人から昔のmp3blog紹介していた時のログ見せてよ、と言われたのだけど、手元にもないし、何時頃やってたのかも忘れたし、で、偉く調べるの時間かかった。なんせ15年前の話なので、書いたことは覚えていても内容は綺麗さっぱり忘れていたよ。
そもそもなんでmp3blogに興味を持ったんだったかなあ。日本では全く盛り上がってないムーブメントだったし、当時日本で紹介してた人は私を含めても数人くらいしかいなかったはず。個人的にはYoutubeより前のムーブメントだとばかり思ってたんだけど、2007年くらいにも盛り上がってたみたい。いや全く知らなかった。
あ、私がblog書き始めたのは、2015年からですけどね。
それでももう4年目になるのかー。

閑話休題
久々に当時のログを見返していて、今やるとどんな感じになるんだろう、というのをやってみた。
fake-jizo.hatenablog.com
この際の客入れの際に、BGMで掛かっていたもので気に入ったのをいくつか。Shazamが無ければこんなこと出来なかったね。Shazam万歳。

Tom Dissevelt - Orbit Aurora (1958)

www.youtube.com
初期エレクトロニカ?かな。スペースエイジ・バチェラー・パッド・ミュージックの方が近いか年代的には。レス・バクスターとか。いやでもそれよりもエレクトロニカだな。

スペース・エイジ・バチェラー・パッド・ミュージック

スペース・エイジ・バチェラー・パッド・ミュージック

因みに、実は今日初めて知ったのだが、「スペースエイジ・バチェラー・パッド・ミュージック」はステレオラブのアルバム名ではなかった。

ゴズリングが役作りの過程で、アームストロングの愛聴曲だったことを突き止めたことで脚本に組み入れられたというこのナンバーは、典型的なスペースエイジ・バチェラー・パッド・ミュージック(SABPM)だ。
SABPMとは、独身男性が当時は高額だったオーディオ・セットで聴くことを想定して作られた、宇宙をテーマにした甘く美しいムード・ミュージックのこと。

rollingstonejapan.com
www.youtube.com
ということでここで挙げられている典型的なSABPMと比べると、やっぱりエレクトロニカ色が強い。Tom Disseveltなんて全然知らなかったけど、元はJazzのプレイヤーみたいね。なんでこんな音楽作ってたのか謎ではあるが、SunRaとかと比べればそんなに謎でもないか。いや比べる対象が謎か?

Ashra - Shuttle Cock (1978)

www.youtube.com
Ash raといえばこうだよね、という王道な感じだが、そう言って伝わるのかどうかわからない。E2-E4は20世紀末のテクノを聴く人は全員知っていたと言っても過言ではないけど、あれから20年も経つからね。
ただ、他曲と同じフレーズもあるような...いやそんなことを気にしてはいけないのだろうな。

Suzanne Menzel - I feel it starts again (1981)

www.youtube.com
妙にStrangeな音楽だからドイッチェかな?と思ったらデンマークだった。
っていうか誰だよそもそも。調べても全然わからん。

ts "kult" here in Denmark right now . And gettin re-release and shit . To me it sounds like a cheap copy of super boring Enya . But loads of fools see the second coming and buy the crap. Its cult y'know :-D

Suzanne Menzel - Goodbyes And Beginnings (Vinyl, LP, Album) | Discogs
Discogsでは猛烈にDISられてるし!

Modest Mouse - Tiny Cities Made Of Ashes (2000)

www.youtube.com
ガレージ+Residents?Residentsも十分ガレージだが。
こういうのって、今だとSpotifyのRadioとか使うと、更に似たような音楽を辿れる。
2019年だとこの辺が便利だよな、と最初思ったんだけど、実際やってみたところ...

PavementとかYoLaTengoとかで全然新鮮味なかった。
もっと意外性を!というのはなかなか難しいんだろうなあってことで、ここにはまだDJの有用性があるな、とは思った。

Little Tempoを観に行った。

まだ去年の話である。一体いつまで続くのか。
https://www.instagram.com/p/Br0GoVCnpJ5/
little tempo
実はLittleTempoはアルバムは結構持ってたんだけど、多分ライブは観た事がない。多分というのは理由があって、
fake-jizo.hatenablog.com
この時に書いた、よみうりランドでのフェスで観ているはずなのだ。でも本当に全く覚えていない。こだま和文やSun Ra Archesteraはよく覚えているのにだ。というかJuana Morinaなんていたかな。観たら覚えているのに全く覚えていない。あれー何でだー。

THE SUN RA ARKESTRA
V∞REDOMS
Medeski Martin & Wood
LITTLE TEMPO
BlackFrames
DJ Kazuma
Juana Morina
Kodama Eco from Dub Station
Seiichi Yamamoto
Yuji Katsui

www.livefans.jp
うーむ。こっちでもそうだしやはり記憶が改竄されている…。でもまあもう15年以上前だしな。忘れただけかな。この頃はBlogも書いてないし、思い出す余地がないんだよな。
さてLittleTempoである。
f:id:fake-jizo:20190214003109j:plain
季節感がマイナスくらいの写真であるが無視してくれ。
(自分内)初めてのライブなのでわからなかったんだけど、ライブ聴いてみると、ラテン色が強いのな。昔からそうなのか、最近そうなのかまではわからなかったが。後、なんか楽器のパートがずれている気がする。パーカッションがピアノをやって、スティールパンがピアノをやって、ピアノがサックスをやってるとかそんな感じ。
全然伝わる気がしないが、そんな印象を受けた。
最後辺りに演奏した、アフロビートからサルサにいく曲が一番良かったなあ、と感じたが、全然なんの曲だかわからない、というよりも最近はアルバムも出してないし、新曲なのか旧曲なのかも私にはわからないし、わからないことだらけのライブだったけど、UNITにしては落ち着いた感じで良かったです。
そういえば、来年というか今年にはアルバム出すとか言ってたけど、どうなのかな。

ZOZOスーツスーツにいつまで付き合えば良いのかどうか判断しかねる。

fake-jizo.hatenablog.com
この件の続き。
寸法を色々再測定して、ZOZOアプリから入力して、ZOZOに送り返した後に受け取った今年の1月半ばのメールである。

ZOZOTOWNカスタマーサポートセンターでございます。

■注文番号 :xxxxxxxxx
■商品名 :2Bスーツ(カスタムオーダー)/無地 ブラック[MEN]/


このたびは、長期に渡りお待たせいたしましたなか
サイズが合わず、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

上記商品について確認いたしましたところ
ご入力いただいた寸法の場合、お直しの範囲が大きく
通常のお直しでは、対応いたしかねる状況でございました。

そのため、大変恐縮ではございますが、お直しではなく
作り直しにて、対応を進めさせていただきたく存じます。

作り直しの対応につきましては、最新の技術を用いて
新たにパターン(型紙)の再生成をおこないますため
約3か月前後、商品の製作にお時間を頂戴いたします。

※生産工場のある中国が旧正月のため休業となります。
そのため、通常よりも対応にお時間をいただきます。
※商品状態により、お届けが早まることがございます。

発送手続きが完了次第、改めてご連絡をいたしますので
今しばらくお待ちいただけないでしょうか。

お客様を何度もお待たせし申し訳ございませんが
何卒よろしくお願いいたします。

もはや今更という感もあるし、春節対応にしても3ヶ月は関係ないだろとか、ZOZOの直せる範囲で直し入力しているのに、作り直しってどういうことよとか色々思わなくもないけれど、これ最後まで付き合うとどうなるのだろうという我慢比べ気分でやってみる。
またダメなんだろうなあ。

どこかで見切りつけた方がこちらのコストも安くなる気もするが、こちらとしても意地である。
機会費用という言葉を心の奥底にしまって、待て後3ヶ月。

多分、ちゃんと出来たとしても着ることはない気がするが。

最近のお気に入り

すっかりSpotifyばかり聴いている。音楽のライブラリ化は進むね。
この状態で新しい音楽を作るのは色んな意味で厳しいよなあ。

空中泥棒

open.spotify.com

デビューアルバム『公衆道徳』が各所で話題となった韓国の宅録アーティスト、公衆道徳が名を空中泥棒に改めセカンドアルバム『Crumbling』を Lamp が主宰するレーベル Botanical House から 12/4 リリース決定!1stアルバムがロングセラーとなり、今や韓国のインディーズとして、最初に名前が挙がる存在になった公衆道徳。前作の延長線上にあるといえる今回の2ndアルバムは、名義を空中泥棒としてのリリースする。

https://www.indienative.com/2018/10/crumbling
多分Vocalを入れたからだと思うのだけど、とても聴きやすく、一聴BGMにもならなくもないと思うよ。いや厳しいかな。
一時期ayU tokiO*1も気に入ってたんだけど、一瞬で終わってしまったので、こちらの方が長続きかも。
微妙な開放感が割と好き。
www.youtube.com

MadvillainのRemix

open.spotify.com
USのHipHopなんだけど、2005年のRemixもの。本編よりもRemixの方が好きで、こっちばかり聴いている。
www.youtube.com
1番のお気に入りというか、これが気に入ったので、このRemix Albumの他の曲も聴いたんだけど。
配信時代になると、やっぱり曲単位になるので、SP時代まで巻き戻るね。
JuiceBoxとか流行るでしょう。SpotifyはRadioという機能で実装しているけど、どうもいまいちな部分もなくもない。
やっぱり背景情報欲しいんだよなー。Creditとか。結局、ネットで調べたりしてるしさ。
それをこうして、まとめているという事が意味があるのかもしれないけど。